【幽幻の蝶】 in 白玉楼

幽々子さまスキーな亡霊が感じたり考えたりしたことを気ままに書き連ねていく場所。 文章専門同人サークル【幽幻の蝶】の活動報告所としての役割は、2014年開催のコミックマーケット86をもって終了いたしました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『紅月ノ宴参』お疲れさまでしたー

フリースペースって数多く集まるから、まさか掲載されることはないと思っていたのですが……。サークル名はびみょんに違ってましたけどね!×帳 → ○蝶

 そんな独り言はさておきまして。
 悪天候にたたられた『紅月ノ宴参』ですが、参加された皆様、本当にお疲れさまでした。
 主催者の想定以上の参加者が集まり、一般待機列は会場をぐるりと囲ったとも聞きました。すぐに

想起【博麗神社例大祭(第二回)】
※GW中の開催&同じ会場。
  参加者が溢れに溢れ、待機列が会場をぐるりと取り囲むほど長く延びた点も近い。


……さとり様にトラウマを引きずり出されました。いや本当に。
 このため、イベント開始時間を急遽30分遅らせ、入場も三回の入れ替え制にすることが公表されるなど、やや落ち着かない中でのスタートとなりました。
 結局のところ入れ替え制は一介の実施で済み、イベント終了も30分延長されることで多少は相殺された感はあります。
 それにしても“成人確認用リストバンド”や“宅急便の伝票”までが不足し、主催・スタッフ・参加者(サークル・一般) のいずれもが被害を被る形になったのは少し残念でした。窓際や壁際にたまる参加者への注意も行き届かなかったようです。ただでさえ混雑する会場の通路を狭めるこの行為、厳しく目を向けて行った方がいいと思います。むろん主催側やスタッフに甘えることなく、参加者側こそが意識を共有することも大事なのは言うまでもありません。
 それでも、事前のPC不調等数多くのトラブルを乗り越えてイベントが実施され、致命的なトラブルもなく終了したことは確かです。当たり前のことが当たり前にできる。それが一番難しいことですから、一人の参加者として、この場で感謝を申し上げます。

 感謝と言えば、混雑する会場内の数少ないエアポケットまで足を運んでいただいた皆様、作品を手に取っていただいた方々、お相手してくださった方々にも感謝です。毎回、本当に励まされます。こういった刺激を活力に変え、次回作につぎ込んで行きます。
 あ、今回の新刊『アカイハナ‐並夢双華‐』、メロンブックス様に委託します。今週中には店頭に並ぶと思いますゆえ、興味のある方はぜひご覧下さい。
 あと、前編である『アカイハナ‐三華繚乱‐』も、わずかではありますが再入荷しました。こちらはお早めに。新刊単独でも、もちろん楽しめます。ご心配なきよう。

 次回のサークル参加イベントは、現状では夏コミの予定です。変更があり次第、このブログで連絡していきます。
スポンサーサイト

イベント前後記 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。